メール相談無料

お気軽にご相談ください

実際の解決事例

【顧問契約・債権回収】売掛金の未払が発生した後、直ちに弁護士を通じて売掛金の請求を行ったため、早期に売掛金の分割支払の示談が成立した事例

〇顧問先会社様からは、「売掛金の支払期限(相手方の会社から費用が支払われる予定の期限)が迫っているが、相手方会社の社長から『資金繰りがつかないので、費用が支払えない。しばらく支払を待ってほしい。』との連絡があった。債権回収をお願いしたい。」との相談がありました。

〇相談後、直ちに、相手方会社に対して、「売掛金の支払が確認できなかった場合には直ちに訴訟を提起し債権回収を進める。」という内容の内容証明郵便を送付しました。
〇その後、相手方会社から、支払いをしないといった反論がありましたが、約1か月半程で、相手方会社が全額の支払いに応じる(分割払い)ことで合意しました。

古屋 文和

〇この事例は、どのような業種でも起きることがある「債権回収」の事件です。
〇本件は、債権回収ができなくなるかもしれないという状況において、早めにご相談いただけたために、未払い前に内容証明郵便を送り、実際に訴訟の準備をすることで、相手方会社にプレッシャーをかけることができたため、早期に解決できました。
〇この事例に限らず、問題が起きてからではなく、問題が起きそうな状況で早期にご相談をいただけると、対処方法も限られず、相談のみで対応できることもあります。

お問い合わせ

メールでの無料簡易相談や面談によるご相談の予約を受け付けています。

ページTOPへ