メール相談無料

お気軽にご相談ください

実際の解決事例

【会社側の労働事件・退職勧奨】勤務態度・勤務成績不良の従業員との間で早期に合意退職に至った事例

〇会社様からの相談内容は、「勤務時間中にさぼっている従業員がおり、勤務と関係ない場所で数時間さぼっていることが判明した。このような問題のある従業員は即刻解雇したい。」というものでした。

〇状況を詳細に確認したところ、この従業員の勤務状況に関する証拠が十分に揃っている状況であったため、普通解雇も念頭に入れながら、退職勧奨を行うことになりました。
〇退職勧奨については、その方法等によっては、不当に労働者を退職に追いこんだものとして、後に退職が無効になる危険があります。そこで、会社担当者には、その点について十分に注意するよう具体的なアドバイスを行い、退職勧奨を行いました。
その結果、退職勧奨が奏功し、早期に問題のある従業員を退職させることができました。

古屋 文和

〇勤務成績不良、勤務態度不良の従業員をどのように取り扱うかという問題は、会社側からよく相談を受ける類型です。会社の一番の悩みは、このような問題のある従業員がいることによって、職場全体の士気や業務に悪影響がでることです。
〇従業員の勤務成績不良の程度によって、普通解雇が可能なケース、軽めの懲戒処分をして様子をみるべきケース、退職勧奨にとどめたほうがいいケースなど様々です。
〇具体的な事例によって、対応方法や注意点は異なってきますが、会社の実情に合わせて、最もご依頼者様の希望に沿い、かつ後に訴訟等で争われても有効と判断されやすい方法をご提案させていただいております。
〇本件は、普通解雇も選択する余地がある中で、慎重に退職勧奨を行い、早期かつ訴訟リスクを抑えながら解決できました。

お問い合わせ

メールでの無料簡易相談や面談によるご相談の予約を受け付けています。

ページTOPへ