メール相談無料

お気軽にご相談ください

実際の解決事例

【会社関係者の労働事件・労災】労災訴訟を提起され、1000万円以上の慰謝料請求を受けたが、最終的には一定額の減額に成功し、和解で解決した事例

〇相談者様は、労災で死亡してしまった従業員の遺族からの労災訴訟の提起を受け、その対応に困っていました。請求額は1000万円を超えており、仮にこのような金額の支払いを裁判所から命じられた場合には支払いができない状況でした。

〇私が代理人となり、訴訟対応を行いました。原告(遺族の方々)の請求額を減額する主張を行い、最終的には、支払える金額の範囲で、和解により、解決することができました。

古屋 文和

〇本件では、相談者様と十分な打ち合わせを行い、訴訟活動をすることで、最終的には、依頼者様の支払える範囲の金額を支払う内容の和解で解決することができました。
〇労災訴訟については、労働者側(原告)と使用者側(被告)のいずれの代理人としての経験がありますが、多くのケースで争点になるのは、過失割合です。この点については、各ケースにより大きく結論が変わりますが、十分な裁判例の調査と、その事件状況を正確に把握して、事故状況から導かれる過失の内容を裁判官に対して説得的に伝えていくかがポイントになると考えています。

お問い合わせ

メールでの無料簡易相談や面談によるご相談の予約を受け付けています。

ページTOPへ