メール相談無料

お気軽にご相談ください

実際の解決事例

【遺産分割協議】不動産と預貯金を合わせて2500万円以上の遺産がある状況で、相手方相続人との交渉開始から2か月以内に遺産分割協議を成立させ、希望する不動産及び800万円以上の預貯金を取得した事例

〇相談内容は、多額の遺産がある状況の中、相手方の相続人が遺産について自身がより多くの遺産を取得したいと主張する可能性のあるところ、どのように遺産分割を進めたらよいかというものでした。また、相談者様は、「相手方の相続人と相談者は従前より仲が良かったわけではなく、遺産分割について、冷静に話し合いができないのではないか。」と不安に感じているケースでした。
〇相談者様のご希望は、「希望する不動産を取得したうえで、預貯金についても自身が取得できる適切な金額はもらいたい。」というものでした。

〇まず、遺産の内容を調査し、正確に遺産の範囲及び評価を確認することにとりかかりました。本件では、特に不動産をどのように評価し、相手方との間でいかに調整するかがポイントでした。
〇特に、不動産について相手方に対して誠実に説明を行うなどして協議を進め、結果的にスムーズに協議がまとまりました。

古屋 文和

〇遺産分割事件については、『協議→調停→審判』という手続きが考えられるところ、本件は協議が極めてスムーズに進んだ例です。
〇仮に、協議が整わず、調停や審判まですることになった場合は、終了までに長期間を要するだけでなく、弁護士費用や、場合によっては不動産の評価のために行う鑑定費用などがかかってしまいます。
〇本件では、ご依頼者の意向が、「適切な金額をもらえるのならば、それ以上の主張は行わず、できるだけ早く解決したい。」とのご意向があったため、できるだけ協議でまとめることができるよう手を尽くしました。

お問い合わせ

メールでの無料簡易相談や面談によるご相談の予約を受け付けています。

ページTOPへ