メール相談無料

お気軽にご相談ください

実際の解決事例

【賃貸借契約、未払賃料、土地建物明渡】賃料の未払いがある状況で,未払賃料と建物明渡を請求し,裁判をすることなく明け渡しが実現し,さらに,公正証書によって未払賃料のほぼ全額の支払約束をとりつけた事案

相談前

〇相談者が父親から貸物件を相続したものの,その物件の借り主は,長年にわたり賃料を滞納しており,相談者が請求を行ってものらりくらりと賃料を支払わない状況が続いていました。

 

相談後

〇内容証明郵便により,賃貸借契約を解除した上で,任意の交渉を行い,建物からの明け渡しを実現させました。さらに,未払い賃料についても,交渉の結果,ほぼ全額の支払合意(分割)をとりつけました。その後,分割による返済は滞らずに行われています。

 

古屋文和弁護士からのコメント

〇典型的な賃料未払による賃貸借契約解除の事案です。
〇この事案では,交渉がうまくいったため,裁判(訴訟)までせずに解決できました。
通常は,交渉が奏功せずに訴訟までしなければいけないことも多く,明け渡し等にこぎつけるまでに時間がかかってしまいます。
〇本件では,粘り強く交渉したため,話し合いによって,建物が明け渡され,さらに,未払賃料の回収もできた成功事例といえます。

お問い合わせ

メールでの無料簡易相談や面談によるご相談の予約を受け付けています。

ページTOPへ