メール相談無料

お気軽にご相談ください

実際の解決事例

【債務整理・消滅時効】忘れた頃に,昔の借金について,債権回収業者から請求書が送られてきた事案

相談前

〇ご相談内容は、「10年以上前にした借金について,最近になって,突然請求書が送られてきた。元金は少ないが,多額の遅延損害金が加算されており,とても返済することができない。」というものでした。

 

相談後

〇まずは、相談者様から債権調査の依頼を受けて,請求書を送付してきた会社に過去の取引履歴を開示するよう求めました。開示された取引履歴を確認すると,長期にわたり返済ができていないことが判明したので,内容証明郵便によって消滅時効を援用し,借金を消滅させることに成功しました。

 

弁護士古屋文和からのコメント

〇昔の借金について,忘れた頃に、突然、請求書が送られてくるというご相談はよくお受けします。
〇本件のように,弁護士を通して取引履歴を確認することで,消滅時効が主張できるか見込みを立てることができます。
しかし,請求に対して,借金の存在を認めてしまったり,一部でも返済してしまうと,消滅時効の主張は認められなくなってしまう可能性がありますので細心の注意が必要です。
〇消滅時効の主張が奏功すると,短期間,かつ低費用で借金を消滅させることができます。

お問い合わせ

メールでの無料簡易相談や面談によるご相談の予約を受け付けています。

ページTOPへ